FC2ブログ

ゆるい日常 其の百六十一

いつの間にか6月に。早い、早すぎです・・・
今年になってコレといって目新しいコト
やってないような気がします。令和に
なったからといっても何も変わらないです。

目新しいコトといえば・・・

この半年くらい、パンを焼くのにハマってます。

パン機械。

MK精工ホームベーカリー ふっくらパン屋さん !


パソコン用のHDDを注文するときに何故かの
衝動買い。買ってから粉とかイーストとかを
用意するまで買ったまましばらく放置してました。

実はこのホームベーカリー、この機械自体で
パンを焼いたのは3回くらい。スグに型を買って
焼きはオーブンですることにしました。今では
1次発酵にも使ってません。もうコレ捏ね機です♪
捏ね機としても結構しっかり捏ねてくれます。

山型
蓋をしないで焼くと山型パン。
パン02
蓋をすれば角食パン。
抹茶ぐるぐる
スリム型で渦巻パンを焼き、フレンチトーストに。
個人的にはコーヒー渦巻のほうが美味しかったです。

ラウンド型やイングリッシュマフィン用のセルクル、
ブリオッシュ型など色々買いましたがあまり使って
ません。発酵かごなど合わせますとホームベーカリー
より型のほうにお金かかってしまいました・・・

強力粉も色々買いましたが、個人的にはキタノカオリ。
毎週日曜日に1.5斤の食パンを焼いています。

1.5斤のパンレシピ
強力粉     410g
水       290ml
砂糖       20g
塩        6.6g
バター       20g
イースト     4.9g
スキムミルク  9.8g

強力粉の種類によって水の量は若干変わります。
水を牛乳に変える場合は1割増しの量の牛乳を
入れると良いです。

ベーグル
ベーグルは準強力粉で作るのが好きです。


スポンサーサイト

ゆるい日常 其の百六十

もう一つのブログはほぼ毎日更新
しているのですが、アチラは日々の
愚痴少々、ウルティマオンライン少々
とラクガキという日課みたいな感じに
なっていますが、どうにもコチラのブログは
描く前に構えてしまうといいますか・・・

もう一つのブログに書いていること以外にも
色々やってはいるのですけどね。

すっかり忘れていた都道府県別銘菓を全国制覇!
前回は香川県の銘菓でしたので今回は徳島デス。

さおしか01
「小男鹿(さおしか)」です。明治時代からあるそうです。

さおしか02
山の芋のと和三盆の味も食感も優しいお菓子です。
しっとりしてます。緑茶が合います!合います💛

次は山口県ですね。





ゆるい日常 其の百五十九

日々の思た事とウルティマオンラインでの
プレイ内容などを簡単に書いてます日記に
挿絵のようなラクガキのような日記絵のような
モノを添え、それをほぼ毎日書いているのですが、
そんなグダグダで内容も薄っぺらい日記の挿絵が
つい先日5000枚を超えました。1日1枚でも13年半、
自分ってば本当に暇な人なのだなぁと思った次第です。

そしてそんなほぼ毎日ラクガキをですね、
ウルティマオンラインのファンサイトを始めてから
約15年、4コマとかラクガキとかでとにかく絵を
チョコチョコ描いていたのですが、人間真面目に
精進しないと上達ってあまりしないんだなーと。

そう、今回は絵のお話です。

始めてパソコンで絵を描いたのは、たぶんPCに
もとから入ってますペイントツールだったと思います。
マウスでカクカクな線を描き、塗りつぶしでベトーと
着色してた覚えがあります。次に紙に書いてスキャナー
で取り込み、スキャナーに付属してました廉価版の
フォトショップで着色、その時も最初はマウスで色を
乗せていただけだったと思います。

その後すぐにペンタブを買い、紙に描いて
取り込んでフォトショップで清書して着色、グラデとか
嬉し気につかって無駄に多い枚数のレイヤーとか
作っていたように覚えています。

絵はヘタのくせにフォトショップCS6まで買い、
つい最近までその環境で絵を描いてました。
今でもフォトショップは写真加工でも使って
いますけどね。もともとそういうソフトですしねぇ♪

そして今回、新たに絵の環境を買えました!

gaomon 

GAOMON 15.6インチ 液晶ペンタブ!


clip 

CLIP STUDIO PAINT EX!

実は液タブは去年の春頃に買ったのです。中華製
ですが不具合なく使えています。ドライバーを
頻繁に入れ直す程度。板タブに比べますとやっぱり
描きやすいです。

CLIP STUDIOは去年の暮れに買いました。まだ2か月
位しか経ってませんが結構慣れてきました。
フォトショップよりもペンツールが使い易いです。
ペンの入りとか滑らかです。まだ変形とかその他は
フォトショップのほうが使い易かったりしますので
贅沢に併用してクオリティの低いヘタッピ絵を
描いて楽しんでいます。

今回は絵を描くツールのお話でした。

ゆるい日常 其の百五十八

1月もそろそろ終わり、今年も色々
遊んでいこうと思っていますよ。

とはいいましても暫くは去年の事を
書いていくことになりそうです・・・
これもコッチのブログを放置していたせいですね。
今年はちゃんと書きたいです!自信ないですけど・・・

さて去年からの続き、都道府県別の銘菓を
制覇していこうシリーズ?今回は香川県からです。

かまど01 
思いっきり商品名!【名物かまど】!

かまど02 
このような感じの皮が厚めで白インゲンからなる餡の
竃(かまど)の形を模したお饅頭?です。

食べた感想ですが、個人的には皮が良い!厚い側なのですが
パサパサ感が少なくシットリでは無いですが口の中の水分を
持っていかれる感は無かったです。餡も甘すぎずで美味しいです♪


ゆるい日常 其の百五十七

2019年になりました。あけおめです!

昨年食べ物の記事をもう一つのブログに移動して
しまったため、かなりの間放置状態になって
しまいましたこのブログですが、もう一つのほうの
ブログのメイン内容でありますウルティマオンライン、
そのUO熱が結構高めになってきてまして、アチラの
ブログでも食べ物ネタを書く機会がグっと減ってきて
しまいました。写真とかはポチポチ撮ったりしてます
のと、やっぱりこちらのブログも大切にしたいな~とか
考えまして、食べ物のお話はコチラに戻すことにしました。

つきましてはかなり長くなりますが前回からの食べ物ネタを
コチラに戻し、次の更新から貯まってますネタを書いて
いこうと思います。
新年! 



ここから下はもう一つのブログからの転載です。次回更新で
新しい食べ物や趣味の物など書いていきますのでお暇な方だけ
読んで頂ければと思います

宮崎の次は大分県、そして今回私が購入しました

大分銘菓はコチラですっ!


漆黒の箱に紅の文字!箱の表面も別珍っぽい高級感。

そう、これが大分銘菓の【ざびえる】です!

何故に【ざびえる】という名前のかはさておき、このお菓子

50年以上前からほとんど変わってないらしいです。

そんなに昔からあるのか・・・凄いですねぇ。私はこの

都道府県別銘菓を買って食べていこう企画?を始めた際、

都道府県別の有名な銘菓を名前だけ調べる程度で、詳細は

ほとんど調べないで楽しんでいこうと決めていますので、

今回の【ざびえる】も注文して箱を開けた最初の感想は

【思ったより1個1個が小さいな~】でした。


コチラが中身。白餡とラム酒に付けた刻みレーズンを混ぜた餡の

2種類の【ざびえる】が入っています。18個入っているものを

買いましたが白餡とラムレーズン餡が半々の数入っているワケではなく

白餡のほうが少し多めに入っていました。コスト的な?


パカッと割った状態。種類の差が見てわかりますね♪

食べた感想ですが、美味しいですねコレ!ちょっとモッサリ

していますのでこれくらいの大きさがベストなのかも。

ラムレーズン餡は刻んだラムレーズンの食感はありませんでした。

でもしっかりとラムレーズンの風味は味わえます。

少しオーブンで焼くと美味しいらしいと後で知りました!

そういう食べ方もあったのか・・・試してみたかっった・・・残念。

小さいけど結構な存在感と重量感がありますよ。お菓子なのに

腹持ちが良いとかはおかしな表現かもですけど・・・お菓子だけに・・・


さすがに50年以上の歴史があるお菓子、【ざびえる】。これは

リピートしてもいいなぁ~と思いました。焼いてみたいしね♪

18個入りで2千円しないという価格も魅力ですね。

通販で買ったのですが送料入れても安く感じました。


都道府県番号43番、熊本県の銘菓でございます♪

私が買いました熊本県銘菓はコチラっ!


【お菓子の香梅】の『武者がえし』です。熊本城の石垣をイメージして

作られた小豆餡をパイ生地で包み焼き上げたお菓子です。なんと100層にも

重ねたパイ生地を手仕事で作られているそうです。スゴイ!


袋から取り出した瞬間、バターの香りがほんのりと。パイ生地部分は

サクサクとしていてパイ菓子好きにはたまらない食感だと思います。

中の小豆餡は、薄皮のみの状態で練り上げた餡ですので薄紫色。

甘さも丁度良くパイ生地部分の味を台無しにするような濃さでは

ありませんでした。味のバランスが良いですね。美味しいです♪


個人的にはもう少し中の餡が柔らかいほうが好みですね。

若干パサつき感があるといいますか、味のバランスは良いと

書きましたが食感のバランスは個人的には少し好みとは離れていました。

パイ生地がサクサクしてるのに中の餡までモソモソというのはね・・・

前のチーズ饅頭の時もそうでしたが、私はあまりパサパサな

お菓子が好みではないのかもしれませんね。ですので食感の感想は

味以上に厳しく書いていると思います。


1つ110 Kcalと、思ったよりは低めのカロリー。このお菓子で少し

驚いたのが、袋から出してもパイ生地の部分がバラバラにならず

キチっとしたままだったこと。包装をはがしたらもっとパイ部分が

ポロポロになって食べこぼしたりするのかな?と思っていたのです。

通販で、日持ちするパイ生地の焼き菓子ですからね。1つ1つ丁寧に

作っているのですねぇ・・・


武者がえし、8個入りで1200円くらいです。こちらも通販で送料込みでも

2000円しませんでした。それくらいのお値段が買いやすい価格設定に

なるのかな?私としましてもこれくらいの価格のほうが助かります♪

まだまだ都道府県銘菓の先は長いですしね・・・


さて今回も都道府県銘菓は長崎県、県番号は42番です。

長崎県と言えばやっぱりコレです!


長崎県の人なら御存知、長崎異人堂の五三焼カステラです。

ちょっぴり奮発してみました♪木の箱に入ってますよ。高級感!

原材料の卵の割合が黄身五、白身三というトコロから

五三焼(ごさんやき)という名前になっています。

黄色の色合いが濃く出ていますね。美味しそう♪

底に敷いてありますザラメも大粒で、重さも

ズッシリとしてました。密度が違うのかな?

食べた感想は濃厚、ザラメの存在感はしっかり

ありますが、甘さは程よいですね。重量感もあるのに

食べているとモソモソと口の中に残ったりせずに

美味しく頂けます。これは良い♪


試しに普通のカステラも後日食べてみましたが、

これはこれで普通のカステラの美味しさとして

楽しめました。濃厚さと食感は段違いですけどね。

こちらは0.6号ですので少々細いカステラですが

お値段は五三焼カステラの3分の1くらいです。

やっぱり卵黄の割合のせいか若干白っぽいですね。

しかし味の濃さとかは違いますが食感といいますか

コチラも口の中でモソモソしたりせず食べやすかったです。

口の中で溶けるような♪

私にとってはこの普通のカステラでも十分贅沢ですけどね。


そしてこの記事を書いてます本日、更にお安いカステラを

食べたのですが、食べ比べて分かったことは値段が安くなれば

なるほど小麦粉の割合が増え、食べていきますと口の中で

カステラが固くなって溶けにくくなる。卵の割合が多い

ほうが口の中で溶けていくのですね。安いカステラは

菓子パンに近くなっていく感じ。安いカステラも美味しい

ですが食べ比べますと完全に別物ですね。


佐賀県の銘菓を紹介しようと思いますよ。


はいコチラ、佐賀銘菓の【さが錦】でございます。12個入りで

2000円しないくらい。お土産に丁度良い価格ですね♪


浮島という蒸しケーキみたいな和菓子をバウムクーヘンで挟んだもので

織物の佐賀錦をイメージして作られたそうです。結構ズッシリしてます。


食べてみた感想ですが、これは美味しいです!和洋折衷が見事にマッチ

してまして、甘さもしつこくなくパサパサ感もなくシットリしたものと

なっております。浮島の中の栗のアクセントが良い♪




いよいよ四国編に突入です!県番号39番

高知県の銘菓は・・・コレです!


土佐銘菓『かんざし』。昭和37年から販売しているお菓子です。



真ん中に入ってます簪のようなモノは飴になっています。オマケ?


銀紙で包み焼をしたお菓子。しっとりとした生地になってました。


柚子の入った餡らしいですが、風味はさほど。しかし

生地と餡のバランスも良く美味しかったですよ♪

しいてあげるならば手がベタベタすることくらいですね。


ちなみに、簪に見立てた飴も美味しかったです。


愛媛県の銘菓の紹介ですよ。


愛媛銘菓と言えばコレ、一六タルトです♪


色々なお味のものがありますが、ノーマルを買いました。

明治十六年に創業したところから名付けられてるとのコトです。


ちゃんと撮った時に確認しないとね・・・ブレちゃってます。

ふわふわしたスポンジにシットリした餡が絶品です♪お茶以外に

コーヒーにも合いますね。










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよ子本舗吉野堂 名菓ひよ子 14個 福岡 土産
価格:1620円(税込、送料別) (2018/5/24時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土佐銘菓 かんざし 16個入
価格:1620円(税込、送料別) (2018/6/10時点)



sidetitleプロフィールsidetitle

MISO

Author:MISO
ようこそ『みそかつ』へ。
MISOの日々の生活。
略してタイトル♪

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle広告sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleサーチ♪sidetitle
sidetitleおすすめ♪sidetitle

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle広告sidetitle